援助交際と逆援助交際についてまとめてみた

援助交際と逆援助交際、知っているようでよく知らない二つを調べてみました。
random header image

意外と知らなかった援助交際と逆援助交際の違いを紹介します

援助交際と聞くと、男性が女性にお金を渡して性行為をする、いわゆる売春となりますが、逆援助交際というのを聞いたことがあるでしょうか?ちなみに、どちらも犯罪となるものです。

今回は、援助交際と逆援助交際の違いを紹介したいと思います。出会い系サイトなどでも見るやり取りはどちらなのか知っていると、犯罪にならずに済みます。

■そもそも援助交際って何?

今はサイトの取締が強化しているので、見かけることは少なくなったかと思いますが、実際にはメールやLINEなど、サイト外でやり取りしていることが多いです。

援助交際は簡単に言えば、女性がお金目的で男性と性行為することです。これは、ほとんどの方が知っていることだと思います。有名なケースでは、女子高生がお金を持つ自分の父親くらいの年齢の男性とお金を貰い、体の関係になることです。

■逆援助交際は実際にある!?

風俗やホストなどの業界を除き、援助交際が一般的に知られているものです。しかし、逆援助交際は都市伝説ということもあり、信憑性も薄いものです。

男性が金銭目的のために女性と性行為をする、これが逆援助交際となります。都市伝説と言われていますが、実際に存在するもので「セレブ女性」から交渉をされることが多いです。

セレブ女性はあまり自由がなかったり、一般人と普通に接することが少ないです。なので、欲求不満になった彼女達がお金を払っても、男性を買春したいという現象が起きています。

お金がない男性は、セレブ女性を頼ってお金を貰う代わりに性欲を満足させる、需要と供給が生まれているわけです。

■買春と売春自体は変わらない!?

援助交際と逆援助交際は、男性と女性がどちらがお金を支払い、貰うのかという違いがあります。ただ、売春防止法より、未成年と性行為をすると犯罪になるのはどちらも同じということになります。

このことから、2つの違いはほとんどなく、混同しやすいとも言えます。特に、逆援助交際は、男性がお金を貰う点なので「男性がお金を貰っても援助交際と言えるのでは?」と思うかもしれません。でも実際に援助交際ができるのか?疑問に思います。

一般的な援助交際が「女性がお金を貰う」ので、逆にすれば男性がお金を貰うことを認識しやすいことも考えられます。